HOMEへ ひとを育てる へ まちを育てる へ 学びを育てる お問合せフォームに移動します
理事長のブログが立ち上がります さんぴぃすとは へ さんぴぃす活動ギャラリーへ これまでの実績 へ リンク集 へ
ホームから 学びを育てる  
 
ひとが育ち、育った人がまちを育て、まちに住む全てに人が、生涯学び続け、素敵な社会を築いていく。
さんぴぃすは「共学(大人も子どもも共に学び合う」を推奨します。
【学校(生徒)・教職員・PTA(保護者)研修】


◆インターネット・スマートフォン関係、コミュニケーション向上関係


 目まぐるしく変化するインターネット事情、子ども達はどんどん順応していきますが、保護者は着いていくのがやっと・・・ではありませんか?
 子ども任せにせず、教員、保護者も子ども達と一緒に学びませんか?

  現在、スマートフォン(特にLINE)に関するトラブルが多発し、学校や行政からのお問合せを多く頂いています。
  児童・生徒、教職員、保護者、それぞれの目的に合わせて、子ども達の現状や利用の際の注意点、陥りやすいトラブルやその退避法などを
  わかりやすくお話させて頂きます。

  講師料は2時間までで30,000円(遠方の場合は交通費別)を基本としていますが、学校等の予算に合わせて対応させて頂くことも可能ですので
  まずはお気軽にご連絡ください。

  ケータイ、インターネットに関する講習会の詳細はコチラから

  平成26年度のケータイ、インターネットに関する講習実績はコチラから

  過去のケータイ、インターネットに関する講習会の実績はコチラから


◆PTA講習会・研修

  最近は、PTAでも独自の広報誌を作成したり、効率化のために I T 活用をよくされています。
 しかし、まだまだ I T 活用が得意な人は限られていますので、一部の役員の方に負担が
 偏ったり、子ども達の I T 活用には無関心だったり。といった現状を多く耳にします。
 学校のコンピューター室を借りて、子ども達が学んでいる環境で、保護者の皆さんも
 少し勉強をしてみませんか?

 これまで実施した主だったPTA講習会のプランはコチラをクリックしてご確認ください。

 昨年から LINEに関する勉強会や講習会の依頼を多く頂いています。
 上記プラン以外でも、ケータイやインターネット、LINEに関するオリジナルカリキュラムも用意していますので
 まずはお気軽にお問合せください。


◆各種教員研修

 さんぴぃすが提供する教員研修プランをご覧になりたい方は、こちらをクリックしてご確認ください。
 講師料は、2時間30,000円ですが、学校の予算に合わせ出来る限り対応したいと思いますので
 まずはお気軽にご連絡ください。

◆グローアップ(Grow UP)教員研修

 「グローアップ(Grow UP)=育つ・成長する」の言葉通り、過去得た知識をもとに児童や生徒に知識伝達の授業をするのではなく
 教員自身が社会の変化に適応し、現代のニーズに的確に応えられる授業の実践や指導力を身に付けるための5つの階層に分かれた
 総合研修です。

 第1層から順に、付けたい能力まで順に受講することが出来ます。

 グローアップ研修の詳細は、こちらをクリックしてご確認ください。

 

【共同研究】

◆大学・中等教育現場との研究実績

 エマジェネティックスとは、アメリカで開発された脳科学に基づく人の思考特性・行動特性を客観的な数値データで表すことが可能な
 プロファイル技術です。

 さんぴぃすでは、甲南大学や早稲田大学高等学院中学部の先生と共に「学びのスタイル」についての研究をおこなっています。

 思考特性や行動特性の違いは、これまで単に気があるとか、あの人の話はよくわかる。逆に、あの人の言っていることは
 全然理解できない・・・・。 といった経験則で片付けられてきました。
 また、ひとは無意識のうちに、良く似た特性の人を高く評価し、相反する特性の人を低く評価する傾向があります。
 これは、学校現場や職場でも、教員や上司が児童・生徒や部下の評価をする際に起きています。
 互いの思考特性や行動特性の違いを理解し、良好なコミュニケーションを取ることが学力の向上や仕事の効率を高める
 近道になります。

 ありのままに自分を知り、他人との違いを理解することで、ひとは「自己肯定感を持つ」ことが出来ます。

 自己肯定感を互いが持つことで、ひとは自分にも、他人に優しくなれます。

 そこで、我々は学会や大学と共に、「わかる授業」や「自ら学ぶ教育」、「コミュニケーション力の向上」の実現をめざした研究を進めています。


エマジェネティックスを活用した研究の成果として、親子関係の向上や、教員の指導力強化、子ども達の自己肯定感アップなど、様々な成果が得られています。
 
 
 

【いろいろな「さんぴぃす」】
アシレンジャーのWEBページはこちらから
芦屋の子育て支援情報誌ちょこっとのfacebookページへ
芦屋バル公式ページはこちらから
  子育てなう  
お問合せフォームに移動します。