HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

ワーキングホリデーを利用して海外へ行こう

海外で英語の勉強をしながら、生活してみたいと理想を持っている人は少なくないはずです。ですが、日本を離れて生活することは不安なことも多く、どのようにして生活を維持しながら英語が勉強できるのか分からず、断念してしまう人も少なくないのです。 こうした人に利用してもらいたいのが、ワーキングホリデー制度です。ワーキングホリデーとは、日本と協定で結ばれた国への渡航が許されるビザであり、この制度を利用することで、就労や勉強など自由に生活することができるようになっています。つまり、現地で仕事をしながら英語を勉強することができるため、経済的な心配を排除して、安心して勉学などができるシステムです。また、勉学だけでなく、旅行も自由に楽しむことができ、30歳未満の若者の特権とも言えるビザになっています。

応援企業

オープンハウス社長は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 オープンハウス社長
WEBサイト オープンハウス 社長:荒井正昭まとめ
会社案内 荒井正昭社長は、2013年に東証一部上場の記者会見で、「10年以内に売上高5000億円を目指す」と宣言されていました。その目標も、わずか6年で達成が見えてきました。オープンハウスのコアとなるのは戸建関連事業で、そこで得たノウハウを活かし、マンション事業、収益不動産事業と事業拡大し、さらに不動産金融という新たな世界へ一歩を踏み出すべく米国不動産事業にも進出した。オープンハウスの代表取締役社長:荒井正昭さんは32歳(1997年)で株式会社オープンハウスを設立しました。「オープンレジデンシア」は、グループ会社のオープンハウス・ディベロップメントが提供するマンションブランドです。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1〜8

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。