HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

海外の子どもにワクチンを

先進国では、乳幼児の死亡率はとても低くなっていますが、途上国ではまだまだ亡くなる子どもは多くいます。 衛生的な問題もありますが、病気を予防するためのワクチンがないということも原因になります。 海外への支援には、さまざまな活動がありますが、身近なところでは古着をショップに持参すると寄付をしてくれる場所があります。 このように、誰でも簡単に自分ができる支援ができます。 古着以外でも、ワクチンを買うためのお金を寄付することも可能です。 毎日飲んでいるコーヒーを、一日止めるだけでも多くの子ども達の薬を買うことはできます。 わずかな金額で、乳幼児の命を救うサポートができるのが現実です。 今、日本に求められるのはできるサポートをすることです。

応援企業

浅井健二は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 浅井健二
WEBサイト 浅井健二氏が空手を始めた理由
サイト紹介 不動産の営業は厳しいですが、売れるようになるととてもやりがいがあります。 東京都は、日本の関東平野中央部の東京湾に面する世界最大級のメトロポリスであり、日本の事実上の首都であります。 浅井健二さんが不動産の営業マンとして勤め始めてからもう15年以上が経過しました。 浅井健二さんは空手に通い始めてから、徐々に体が丈夫になり、風邪をひくことが減りました。 不動産業界と一口に言ってもいろいろな仕事があります。例えば「ディベロッパー」と呼ばれる不動産開発です。 浅井健二さんが生まれた東京を中心とする首都圏は人口3700万を超える世界最大の都市圏です。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。