HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

シャッター商店街にならない為にまず地域活性を

シャッター商店街の増加が著しいです。要因は、商店主の高齢化や郊外大型店の進出がありますが、この商店街の状況は何もしないとますます状況は悪くなり、シャッターを閉める店が増えるとそれは負のスパイラルに陥り、最後には商店街が消滅します。そうなrないためにも、まずは地域活性です。方法はこれがいいというよりも、ともかくやってみるといいです。あれこれ考えていても、事態は悪くなるばかりでともかく実行です。そうしている内に適切な活性化方法が見当たります。固定観念に縛られるというなら地域に近い大学に知恵を借りるのもいいです。若い学生なら思いもよらいアイデアを出してきます。最初は奇異に思えても、地域活性策としてやってみると意外にはまるものもあります。

応援企業

唐澤誠章は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 唐澤誠章
WEBサイト 唐澤誠章
サイト紹介 企業とのタイアップによって、大きな運転資金を確保することができ、いままでよりも大きな活動をすることができるようになりました。 唐澤誠章は、個人サポーターとして、ソーシャルアクションプロジェクトに参加しました。 " 企業とのコラボ企画などの事業化をすることで収益化でき、かつその活動が社会貢献になる。こんな仕組みを作ればいい!と思い「ウィルプラウド」プロジェクトを立ち上げました。 これからも、唐澤誠章にしかできない活動を続けていければと思っております。 学生時代には、1000名の参加者を集め、ゴミ拾いイベントを開催したり、町おこしプロジェクトに参加していました。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。