HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

聴覚への配慮で誰もが出来るバリアフリー

聴覚の機能が落ちている方への配慮として誰もが出来るバリアフリーがあります。 まず、大きな声で相手の顔を見て話すことです。 顔をそらしてぼやくような言い方では、聞こえづらくなるからです。 次に、はっきりとゆっくりとしゃべることです。 普通の速度で話していても、聴覚の機能が落ちている方の場合には、はっきり聞こえづらいことがあり早口で話しているかのように感じるからです。 そして、相手が聞こえていないかもしれないと想定して、繰り返すことも大事です。 聞こえが悪い場合には、あやふやな聞こえ方でもつい頷いてしまうことで、言葉が通じていると誤解してしまうことも少なくありません。 これらのことに注意をすれば、出来るだけ聞こえやすくなるのではないでしょうか。 誰もが意志を持てば出来るバリアフリーだと思います。

応援企業

プライム倶楽部(プライム共済)は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 プライム倶楽部(プライム共済)
WEBサイト プライム倶楽部(プライム共済)のまごころ募金
会社案内 社会貢献事業では相互扶助の精神のもと、みんなで助け合う社会を目指して、様々な事業を行なっており、プライム基金・まごころ募金などがあります。全国福利厚生共済会では2002年4月に設立され、その7月に共済保険サービスを開始しました。その後サービス枠を広げて来ました。治験試験活動では、広く参加を募り、皆さまの協力によって「くすり候補」の効果と安全性を調べる未来への社会貢献プロジェクトとして行なわれています。プライム共済(プライム倶楽部)では、会員及びそのご家族に多忙な事業提案を通し、より安全で安定的な生活を送ってもらうためのライフサポーターを目指しています。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。